〜滴る水のように〜

Mitsuaki Sato

邦洋楽作曲家・作家  佐藤 三昭

Photo:創作の庭-宮城涌谷町丘の上の和太鼓道場

Anata-ga-ikiru-kachi - M.Sato
00:0000:00
 

「言音の庭から」

ー From the Garden of KOTONEー

 この地で育った。それは幸いであった。子供の頃は、何もないと思っていた故郷。都会への憧れもあった。いまはそうは思わない。50年の間、踏みしめた大地が教えてくれる。広い空が語りかけてくれる。鳥は歌い、野には花が咲き誇る。冬の寒さや無言の雪がある。寂しさや喜びや些細な発見、抱かれる希望、そして自分の至らなさを思い知らされる風がある。私は毎日、その中に身を置いていられるのだ。自然への畏敬を忘れないで生きていられる。そのような思考の土地で育った。それは幸いであった。だから言葉にしようと思う。自分でも何を書きたいのか、よく分からないのだが、確かに何かに触れて、生起した風景なのである。描きたい心の絵なのである。作曲と詩作が同時に起きる。それは曲作りにおいても、言葉が拠り所だからだ。言葉を手掛かりに、その風景に迷い込み、その先に音が流れているからだ。「言葉の先の風景」にこそ、本当の想いが「観える・聴こえる」と信じている。

 ですから、どうかお許しください。そのまま書き残すことを。どうかその風景をご覧くださいませんか。そう願ってやみません。​​    

 佐藤三昭 拝

雨音の 旋律抱き
蒼空に 詠める白譜(しらうた)
心さやけし -皐月/道場

詩・小説・脚本・童話

歌詞等の執筆による表現世界

-言葉という化石に宿す感情の巌-

 

​「言音の世界の織り成し」

和太鼓や和楽器を中心とする

器楽のみで描くアンサンブル音楽世界

​-消えゆる一滴に宿す風景-

独自の邦楽アンサンブル上に現れる

言葉と音楽の

共に住む世界

​Recent Works

​東北太鼓隊合唱曲・朗読脚本・指揮

世界音楽コラボレーションステージ

「世界がわが家」

2013年〜東京・仙台・NY・DC・アフリカ公演

(あしなが育英会・NYヴァッサー大学主催)

*あしなが育英会オフィシャルHP

「世界がわが家」Youtubeより

​作曲・構成・指揮

宮沢賢治作品を主題とする

「マリヴロン楽隊」

宮沢賢治記念館・東京・宮城公演

*2018年宮城県大崎市公演より

「風がおもてで呼んでゐる」朗読:牛崎敏哉氏

​作曲・構成・指揮

和合亮一氏による詩作品朗読と

和楽器創作曲による融合舞台

「言音の詩」

2010年・2012年 仙台公演

*M’s Japan Orchestra

Youtubeオフィシャルサイトより